スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

絵馬

奈良時代の『続日本紀』には、神の乗り物としての馬、神馬(しんめ、じんめ)を
奉納していたことが記されています。

しかし、馬は高価でなかなか献納できず
また献納された寺社の側でも馬の世話をするのが大変ですね。

そのため、馬を奉納できない者は次第に木や紙、土で作った馬の像で代用するようになり
平安時代から板に描いた馬の絵で代えられるようになりました。

現在では其々の神社によって干支を描いた絵馬や、社殿を描いた絵馬等々
さまざまな絵馬があります。

心からの願いが 叶いますように

2011_1230_104347-DSCF2806_convert_20111230105614.jpg

2011_1230_104452-DSCF2808_convert_20111230105457.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。