桃の節句



かつての日本では「左」が上位でした。
(神社祭式(動作の作法)では現在でも左(向って右)が上位です)

人形では左大臣(雛では髭のある年配の方)が一番の上位で天皇から
見ての左側(向かって右)にいる。
飾り物の「左近の桜、右近の橘」での桜は天皇の左側になり、
これは宮中の紫宸殿の敷地に実際に植えてある樹木の並びでもある。
明治天皇の時代までは左が高位というそのような伝統があったため天皇陛下は左に立たれた。

しかし明治の文明開化によって日本も西洋化し、その後に最初の即位式を挙げられた
大正天皇は西洋式に倣い右に立たれた。
それ以降から皇室の伝統になり、近代になってからは昭和天皇は何時も右に立たれ
香淳皇后が左に並ばれました。

それにならい、多くの地域では男雛を右(向かって左)に配置するようになった。
昭和天皇の即位以来、男雛を向かって左に置くのを「現代式」、右に置くのを「古式」と
呼ぶそうで、畿内や西日本では現在でも男雛を向かって右に置く家庭があります。








にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 加古川情報へ
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top