世界遺産 天龍寺



京都

法堂天井に平成9年(1997)天龍寺開山夢窓国師650年遠諱記念事業として

日本画家加山又造画伯(1927~2004)により「雲龍図」が描かれました。

天井(縦10.6m 横12.6m)に厚さ3cmの檜板159枚を張り合わせ全面に漆を塗り

さらに白土を塗った上に直径9mの二重円相内に直接墨色で躍動する見事な八方睨みの龍が描かれています。

移築当時は明治期に活躍された鈴木松年画伯の雲龍図が描かれていたが損傷が激しく

現在ではその一部が保存されています。


前日に行くことが決まり、今の時期は土曜・日曜・祝日のみの一般公開とわかり参拝と散策だけして

閉門時間が迫っていたので 諦めて帰る参道で親切な参拝者の方が!

『あそこの格子戸に顔押し付けて 目が慣れるまで覗いていたら綺麗に見えるで~』

龍が大好きで 拝見したいとずっと思ってた僕にはたまりませんでした

遶彑convert_20140807185338
手前に格子が写ってますが。。。



撮影を忘れましたが 安土桃山時代の勅使門は圧巻でした♪

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top