スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

外宮遷御の儀


二見興玉神社で浜参宮

004_convert_20131006150207.jpg
11:00頃に外宮参拝 16:00からの川原大祓に備えての打合せ中だと思います。

023_convert_20131006150415.jpg
内宮参拝

035_convert_20131006150648.jpg
猿田彦神社参拝

045_convert_20131006150922.jpg
16:00からの川原大祓風景

ほうはい
5日遷御の儀当日

一般の方の参拝は13:00でそれ以降は一旦参拝中止になりました。


その後は特別奉拝者の方に限り

14:00~受付 境内撮影禁止・荷物持ち込み禁止 

14:30奉拝者参入着席 20:30頃拝礼の後奉拝者退出


長時間の奉拝でしたが、誠にありがたい経験をさせて頂きました。


奉拝後安全運転で帰宅いたしました。


証1

スポンサーサイト
コメント:

奉拝おめでとうございます。
テレビ報道で見ましたが、内宮が約3000人
外宮が3600人の参列だったみたいですね。

是非聞きたいのですが、どんな感想でしたか?
by: 沙里 * 2013/10/07 18:42 * URL [ 編集] | TOP↑
ご無沙汰しております。
沙里さま

式年遷宮が始まったのは飛鳥時代の持統天皇4年(西暦690年)で
今から約1300年の昔から時代の荒波をこえて 今回の第62回目を
むかえられました。

日々社務に追われている日常では得ることのできない
時間を与えて頂きました。

心静かに着席し徐々に日が沈みはじめると 境内には明かりが灯され
奉拝者の方々の小声での会話もなくなり 聞こえてくるのは人の息遣いと
木々の枝が触れ合う音 また時には鳥の囀りが聞こえ 息を吸えばほのかに松明の香りも感じられます。

愈々正八時(午後八時)の鶏鳴(けいめい)・出御(しゅつぎょ)
の際には 全ての明かりが消され  
鶏鳴所役の「カケロー カケロー カケロー」が微かに聞こえ
御正殿を出御あらせられ 浄闇の中 道楽(雅楽)の調べが聞こえてきます。

このような場でしたので時には 待機中は何も考えず目を閉じ無になり
時には神職拝命してからこれまでの16年を振り返り反省し
時にはこれからの20年を考えてみたりと 充分な時間を戴きました。

終わってみますと長時間のはずが あっという間のひと時で
叶うならば20年後もう一度参列させて戴きたいと思いました。

限られた奉拝者の中 遷御の儀に参列させて戴けました経験は
これからの日々のご奉仕に 必ずや活かされると信じております。

by: いのしし * 2013/10/08 11:10 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。