来月で1年

来月の3月11日で、大震災から一年が経ちます
犠牲となられた方々や、いまだ行方不明となられている方に対しまして
謹んで哀悼の誠を捧げますとともに、被災または福島原発事故で避難を余儀なくされた
皆様には心よりお見舞い申し上げます。


(岩手県陸前高田 平成23年6月撮影)




(岩手県釜石)

先ず神事 神は人の敬いにより威を増し 人は神の威により徳を増す


東日本大震災復興祈願祭祝詞(神社本庁例文)

掛介麻久母畏伎○○神社乃大前爾宮司○○○○恐美恐美母白左久
曩爾告奉里志事乃如久去年乃三月十一日未刻爾起里志
東日本大震災乃禍事波数多乃都道県爾大奈留
損比乎齎志多里各各乃市町村乃言葉爾弖波言比表波世奴
惨米奈留状態登波成里奴又神社神職等母多数爾災害乎被礼留波
実爾畏伎極美成里更爾波福島県爾設介良礼志原子力発電所与
里漏礼出伝多留物質乃災比波忠実人等乃日毎乃生活閉乃障波
申須母更奈里海川山野乃四方爾万伝及毘弖元乃姿爾復左牟爾波
事容易加良自登承里奴故今志大前爾御饌神酒種種乃味物乎
献奉里常爾大神等乃高伎尊伎大神徳乎仰奉留氏子崇敬者等
大前爾参集弖拝奉留状乎平良介久安良介久聞食志給比弖
今母将来母災害爾苦志牟諸人等千万乃苦難爾克久耐閉
忍毘身母心母平穏爾守里導伎給比弖此乃復興乃事業爾
預留諸人等神随乃道乎誠乃道登戴伎持知弖力乎協世
心乎一津爾志弖計里爾為志登為須乎導伎給比弖前爾母
優里弖美波志久豊介伎里爾修理固成左牟登須留乎堅磐爾
常磐爾夜乃守里日乃守里爾守里恵美幸閉給閉登
恐美恐美母白須



スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top