御目出度い席

13日の夕方より 地元加古川の日岡宮司さんが特級に昇進されましたので
そのお祝いの会に行かせて戴きました。

祝賀会1

この度は洵におめでとうございました。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
≪神社まめ知識・神職の身分と階位≫

神職には身分と階位というものがあります。
簡単に書かせていただきますが

まず身分は下から4級・3級・2級・2級上・1級・特級とあります。
この身分はわかり易く言いますと 袴の色が違います。

4級・3級は浅黄色(あさぎいろ・水色) 2級は紫色
2級上は紫袴に薄紫色の糸を使った八藤紋があります。
1級は同じく紫袴に白色の糸を使った八藤紋があります。
そして特級は白袴に白い糸を使った八藤大紋があります。

階位とは目には見えませんが
下から直階(ちょっかい)・権正階(ごんせいかい)正階(せいかい)・明階(めいかい)
浄階(じょうかい)の5段階です。

浄明正直(じょめいせいちょく)浄き明き正しき直き ですね。

色々な条件やパターンがありますが 大よそ身分2級に昇級するのは40歳以上の方です。
1級に昇進されるには階位浄階を有する事が必要です。

神職身分特級とは神職の最高位でして 全国に約2万人の神職がおられますが
その内特級の方は約110人だそうです。全体の0、5%ですね。。。

皆様も神社に参拝された時に よく拝見されるのは浅黄袴か紫袴の
神職さんではないでしょうか?













スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top