神楽殿祝詞坐からの階

神楽
神楽殿内部が竣工してから17年ですので

まだまだ黒光とはいきませんが 階・登高欄・大床板等々の掃除は清々しいですね!


無垢の檜で一切表面にコーティングを施していないので 掃除を怠ることは出来ません。。。


定期的に米糠で掃除すると 程よい油分で僅かに輝いてくれます♪


しゃく
境内には松の巨木が多数ありましたが 松くい虫と昭和34年9月の伊勢湾台風により

ほとんどが倒木していまいました・・・。

しかし倒木した松を処分することなく再利用し 今でも残りを保管していますが

木目の綺麗な所を選び手作りで 笏を数本作ってみました。

十二分に乾いた板ですので 米糠だとよく油分を吸収し輝いてくれます!


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top