南三陸町の今



宮城県南三陸町では東日本大震災の津波で被害を受けた
建物の解体取り壊しが進んでいます。

更地になったところでは プレハブ小屋を建ててガソリンスタンドや
理髪店を営む方々もおられます。

付近でボランティア活動として瓦礫撤去の作業を行っています。



被災者の思いが込められた数々の言葉を切り抜いた「きりこ」のメッセージボードが設置されています。
 
メッセージボードには「ここがわたしのふるさと」「みんなの笑顔を写真に焼きつけて」
「心機一転再スタート」などの言葉が書かれています。

ボードを設置したのは市民団体「ENVISI」
メッセージは全て海に向けて設置され 震災の犠牲者に向けられています。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top