師走のお朔日

朝ぼらけ雪ふる里を見わたせば山の端ごとに月ぞのこれる

訳:ほのぼのと朝が明ける頃 雪の積もった里を見渡すと

  どの山の端にも月明りが残っているのだ。



加古川では雪は降っていませんが 気温が一気に下がりましたね。

1日の午前5時頃に境内にでると 神楽殿の銅板屋根が月明かりで綺麗に輝いていました。


すぐにカメラで撮影してみましたが 上手く撮れなかったのが残念です。。。


早くも師走になり これから益々気忙しくなりますが

体調管理には十分に気をつけて 良き年の瀬をお過ごし下さい。

播磨地方でもノロウイルスが過去最高に流行っている様です・・・。


003_convert_20121203085110.jpg
3日の朝靄につつまれた境内
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top