スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

内宮さんへ

外宮さんを参拝してから内宮さんを参拝するのが正式ですが
今回は失礼してしまいました。

午前10時頃でしたので五十鈴橋前の駐車場は満車で渋滞していましたが
それ以外の駐車場は比較的スムーズに入れました。
077_convert_20120823180113.jpg

003_crop_convert_20120823164442_convert_20120823174930.jpg
この日も気温35℃と茹だる様な暑さでしたが
五十鈴橋を渡り 木々に囲まれた神域に歩みを進めると
霊気に覆われ暑さを忘れるひと時でした。

010_convert_20120823132833.jpg

IMGP1519 (540x358)

IMGP1448 (540x358)

IMGP1503 (540x358)
神宮さんには何度参拝させて戴いても 新たな発見 新たな気持ちにさせて戴ける神域です。

DSC_0078_convert_20120823134555.jpg
おかげ横丁に戻ると暑さと人の熱気で汗だくになり
楽しみの赤福氷を食べて小休憩 おいし~い

愛知県にも行きましたが写真整理が出来ていませんので
明日にご報告させていただきます。。。


『伊勢の神宮さんとは』
日本全国にたくさんある神社の中で古来 特別な神社として敬われてきたのが伊勢の神宮です。伊勢の神宮は正式には神宮とのみ申し上げ三重県伊勢市とその周辺に鎮座する百二十五のお社の総称です。

その中心は、皇室のご祖先である天照大御神をおまつりする皇大神宮(内宮)と天照大御神のお食事をつかさどり、衣食住はじめ産業の守り神である豊受大御神をおまつりする豊受大神宮(外宮)です。

今から2000年以上前の第11代垂仁天皇の御代 天照大御神のお告げにより皇大神宮がまつられ 約500年後の第21代雄略天皇の御代には、豊受大御神が伊勢に迎えられました。

神宮では年間約1500回ものお祭りが行われていますが 神宮のまた日本国中で最高最大のお祭りは式年遷宮というお祭りです。式年遷宮は、20年に一度すべてのご社殿をはじめご神宝などを新しく造り替えるお祭りで、そうすることでみずみずしさを保ち、ご神威が高まることを願ってきたのです。第41代持統天皇の御代に始まったこのお祭りは、平成25年に第62回が執り行われます。

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。