新任第1次研修

擁護
望んだわけじゃないですが 講師先生の前で 砂かぶり?唾かぶり?席でしたので

しっかり学べました。。。

擁護研修
県内の新任の方30名が参加し

神戸第二地方合同庁舎内 神戸地方法務局で10:30~16:30迄 研修でした。



スポンサーサイト

剪定


剪定

毎年の事ですが 階段上の境内の剪定をして戴いています。

今年は僕の草刈り回数が少なく またまた伸びてしまってますので

剪定作業と一緒にして下さいました♪

8人で昨日・今日・明日の予定です。。。

日曜大安の豪雨。。。

空が急に暗くなったと思えば 一瞬にしてけたたましい豪雨。。。

大雨

大雨1



初の当番

今日は市の福祉会館で人権相談の当番日でした。

加古川市では毎週水・金が特設会場という形で相談受付。

法務局では毎日(土・日・祝は休み)常設相談所という事で受付されています。

特設と常設のそれぞれ当番がまわってきます。


何もかも初めてでわからない事だらけですが、

会館の担当の方と待機中に先輩方に色々教えて頂きました。


特設は擁護委員2名と民生委員の方1名で対応し

常設は擁護委員1名で対応させていただくようです。

本日は(13:00~16:00)電話相談1件で、通常よりかなり少なかったようです。

歩みは遅いと思いますが 徐々に勉強していきます。。。

涼しい♪

曇り空

雨も止み 今日は綺麗な夕焼けと

夕涼みには最適な涼しさ♪



慰霊祭

慰霊

御英霊・御霊安らかなる事を切にご祈念申し上げますと共に

今後とも我が国を御見守り下さいますよう 宜しくお願い申し上げます。


月日は流れているが。。。





決して忘れてはいけない事実。。。

たとえ僅かなことであろうとも、継続が大事です。

爪痕。。。

修理

台風も過ぎ去り 爽やかな風が吹く11日ですが

漸く境内の落ち葉・枝の処理も大分進んできました。


そんななか 昭和11年竣工の拝殿ですが 約80年が過ぎ

この数年の暴風雨で雨漏りがあったのですが

今回の台風で一部銅板の屋根がめくれましたので

全体のコーティングと修理をして戴いています。。。

暴風雨。。。

えらいことになってます

台風前に排水溝工事をして戴いていたのが せめてもの救いです。。。



台風

雨の日におもうこと。。。

はす

『私の身がここで滅んだとしても、

 私の日本人としての魂は、ここに置いていくことにします。』




今の日本を残すために、自分の命を差し出された方々が居られます。

彼らは何のために命を捧げようと考えたのでしょうか。

今を生きる・生かされている私達は考えなければいけません。

今のこの日本は、彼らが思い望んだ未来になっているのでしょうか。

その答えは、私達の生き方でしめすしかありません…ね。




世界遺産 天龍寺



京都

法堂天井に平成9年(1997)天龍寺開山夢窓国師650年遠諱記念事業として

日本画家加山又造画伯(1927~2004)により「雲龍図」が描かれました。

天井(縦10.6m 横12.6m)に厚さ3cmの檜板159枚を張り合わせ全面に漆を塗り

さらに白土を塗った上に直径9mの二重円相内に直接墨色で躍動する見事な八方睨みの龍が描かれています。

移築当時は明治期に活躍された鈴木松年画伯の雲龍図が描かれていたが損傷が激しく

現在ではその一部が保存されています。


前日に行くことが決まり、今の時期は土曜・日曜・祝日のみの一般公開とわかり参拝と散策だけして

閉門時間が迫っていたので 諦めて帰る参道で親切な参拝者の方が!

『あそこの格子戸に顔押し付けて 目が慣れるまで覗いていたら綺麗に見えるで~』

龍が大好きで 拝見したいとずっと思ってた僕にはたまりませんでした

遶彑convert_20140807185338
手前に格子が写ってますが。。。



撮影を忘れましたが 安土桃山時代の勅使門は圧巻でした♪

さわやか!?

理事会1

神社界の会議では ほぼクールビズとは無縁で

ネクタイ&ジャケット着用ですが

やはりこの時期&この時間帯だと

ノーネクタイ・半袖って汗のかき方が全然違いますね。。。

かな~り楽です

葉月の朔日

蛙股
外陣扉の上にある欅の木で彫刻された 蟇股(かえるまた)。

蛙が足を開けたような形ですので こんな名前。。。

真ん中には八幡さんに縁のある鳩が彫られていますよ♪


8月が皆様にとりまして良き月でありますように。。。

ボランティア活動。。。

擁護委員

初任研修があり少しずつ勉強です。。。

街頭

次の日は朝7:30~加古川駅前で 市長さんをはじめ 約25名の方々と啓発活動

朝とはいえ 蒸し暑くいい汗かきました♪


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top