鮮やかな春

002_convert_20130406105653.jpg
スポンサーサイト

神社参拝

香美町

香美町1
境内一帯が巨杉に囲まれた 青玉神社さんに参拝させて頂きました。

鳥居をくぐりますと 漂う空気が一瞬にして変わり とても清々しい時間を過ごしました。


一歩一歩の2年


大船渡駅前(岩手県大船渡市)近くにある壊れた石造りの時計塔ですが
針は3時25分をさしたまま止まっています。
この時計塔は駅前商店街の魅力アップにと 1996年に建てられたそうです。
高さ約5メートル。

震災前までは日本庭園風に整備されていたようです・・・。




東日本大震災の大津波に耐えて たった1本残り 昨年9月に防腐処理を施すために切り倒された
岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」が6日 震災2年を前に元の場所に帰ってきました。

市は震災から2年を迎える11日を前に復元作業を終了させる予定でしたが 
切り倒し前の写真と比べると枝葉部分の様子が異なることから作業のやり直しをしている様です。




高さ10メートル 総延長約2.4キロ 「万里の長城」ともいわれた岩手県宮古市田老地区の防潮堤。
昭和三陸大津波翌年の1934年に着工され 79年に完成したが想定外の大津波には残念ながら無力でした。 

堤防の海側にある田老漁港には昨年6月にプレハブの養殖漁業者用施設などが建設されています。

また今月8日には 地盤沈下した防潮堤のかさ上げ工事が着工したようです。




187人の犠牲者を出した仙台市若林区の荒浜地区に建つ観音像「祈りの塔」。
地元自治会などが中心となり 地元企業からの寄付などで 2年になるのを前に建立されました。

荒浜の象徴だった震災慰霊碑も同じ場所に移設された。
塔の横には津波の犠牲者名が刻まれた慰霊碑も建てられ 11日に開眼供養が行われました。



宮城県気仙沼市魚町で約1万個のLED電球を使用したライトアップイベント
「星の絆イルミネーションin気仙沼」が行われていました。

                                   ≪平成25年3月現在≫


春の一コマ

前日が気温20℃を越えたかと思えば 雨が降り一気に次の日は10℃も気温が下がるという

変化が多い時期ですが 皆様方如何お過ごしでしょうか?


また花粉が飛び散り 花粉症に悩まされご参拝の方も マスクを着用されている方を多く見受けます。


春の訪れの一コマをどうぞ
IMGP5868+-+繧ウ繝斐・_convert_20130313113639

IMGP5872+-+繧ウ繝斐・_convert_20130313113719

IMGP5884+-+繧ウ繝斐・_convert_20130313113808

IMGP5888_convert_20130313113838.jpg


天皇陛下の御言葉

本日、東日本大震災から2周年を迎えるにあたり、ここに、一同とともに、
震災により、かけがえのない命を失われた多くの人々と、その遺族に対し、
あらためて深く哀悼の意を表します。

2年前のきょう、東日本を襲った巨大地震と、それにともなう大津波により、
2万人を超す死者・行方不明者が生じました。

震災後に訪れた被災地では、長年にわたって人々が築いてきたふるさとが、
痛々しく破壊されており、被災者の悲しみは、いかばかりかと察せられました。

一方、この厳しい状況の中、被災地で、また、それぞれの避難の地で、非常に困難に耐え、
日々生活している被災者の姿には、常に深く心を打たれ、この人々のことを、私どもは、
これからも常に見守り、この苦しみを少しでも分かち合っていくことが大切だとの思いを新たにしています。

このたびの大震災に際して、厳しい環境のもと、専心、救援活動にあたった自衛隊・警察・
消防・海上保安庁をはじめとする、国や地方自治体関係者、多くのボランティア、そして、
原発事故の対応にあたった関係者の献身的な努力に対し、あらためて深くねぎらいたく思います。

諸外国からも、実に多くの善意が寄せられました。
物資や義援金が送られ、また、救援の人々も多数来日し、日本の救援活動を助けてくれました。

また、駐日外国大使など、日本に住んでいる外国人をはじめ、災害発生後の日本を訪れる多くの
外国人が、被災地に赴き、被災者を励ましてくださっていることに、感謝しています。

このたびの津波災害において、私どもは、災害に関し、日頃の避難訓練と津波防災教育が、
いかに大切であるかを学びました。
この教訓を決して忘れることなく、これから育つ世代に伝えていくことが大切と思います。

今後とも、施設面の充実とともに、地域における過去の災害の記憶の継承、日頃からの訓練と
教育などにより、今後、災害の危険から少しでも多くの人々が守られることを期待しています。

危険な業務に携わる人々も、このたびの経験を生かし、身の安全が確保されることに、
工夫と訓練を重ねていくよう願っています。

今なお、多くの苦難を背負う被災地に思いを寄せるとともに、被災者1人ひとりの上に、
1日も早く、安らかな日々の戻ることを一同とともに願い、み霊への追悼の言葉といたします。

                                  ≪ニュース記事より≫

東日本大震災より2年


本日午後2時より東日本大震災早期復興祈願祭を斎行し

午後2時46分より5分間 黙祷を捧げさせて戴きました。



震災により犠牲になられました方々 今なを行方不明の方々には

心よりお御霊安らかにお鎮まりになられます事を切に願っております。


また避難所生活を余儀なくされています多くの方々をはじめ

特に福島県の方々には ご自身の生まれ育った故郷に帰ることさえ許されない現実・・・。

心の苦しみ 身体の不調等々 様々な影響を及ぼしている事と拝察いたします。


その心中は 日々不住なく生活をさせて頂いている私には計りかねますが

必ずや復興への道筋が一刻も早く 導きだされる事をご祈念申し上げております。



春の訪れ

漸く神社にも春の訪れが♪



006_convert_20130307150958.jpg

007_convert_20130307151043.jpg

Once&福島県

いつもブログに訪問して下さるN郎♪さんのOnce!!

写真は福島県の風景だそうで あまりにも素敵な風情ですが

それがより一層 今の被災地の現状が切なく哀しくなります。。。

是非聞いて戴き 何かを感じて下さい。






雛祭

自宅で飾っているお雛さま。。。

それぞれの顔に違った表情があり可愛いです♪
お雛さん1

お雛さん2


お雛さん3

弥生の月次祭

月次祭

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top