フェイスブック


ブロブにリンクさせていませんが

厄除八幡宮のフェイスブックもございますので よろしければご覧ください♪



スポンサーサイト

厄除大祭



563297_468236879909808_1787933801_n.jpg
「二十四節気」がありますが 今日2月18日はその節気のひとつ「雨水・うすい」にあたります。

雪が雨へと変わり 氷が解けだす頃で 農耕の準備を始める目安とされました。


予報通り1日中雨になり 駐車場から境内各所では非常に足元が悪く

ご参拝の方々には多大なるご不便をお掛け致しました事 大変心苦しく思っております。


そのような雨の中でも 多数の方々が訪れて戴きました事は 大変うれしく

心より厚く御礼申し上げますとともに 幸多い年となります事を切に願っております。

境内設営

本日は厄除大祭安全祈願祭をご奉仕致しましたが、
総代さんには連日諸準備をして戴き誠にありがとうございます。
厄除祭
14日に最終の所轄警察署の現地調査が終わり 小雨降る中 社務所横の警察警備本部

少年愛護センター・交通安全協会用の詰所が設営され 境内各所と県道沿い各所に警察署

消防署・消防団・警備員等の詰所も準備が整いました。


また周辺道路が署長規制になりますので 規制看板も多数設置して頂きました。

厄除祭2

厄除祭1
16日・17日の両日のうちには 露店が其々準備されることでしょう。



11日は紀元祭

国旗

本日午前8時より 日本国の発展と世界の平和を祈念する 紀元祭を執り行いました。



また肌寒中 厄除け祈祷にお越し下さいました方々には 厚く御礼申し上げます。

皆様方のご多幸を心よりお祈り申し上げております。

旧正月

10日の本日は旧正月の歳旦祭を斎行申し上げました。

先々代(祖父)が書いた祝詞が残っておりますので

参考にさせていただき 謹んで奏上致しました。






今朝の一枚



003_convert_20130208082617.jpg
今朝の境内は冷たい風がふき 本殿内周辺は霊気が漂っているような佇まいです。

最高気温は3℃ 最低気温は-3℃だそうです



玄関の蝋梅

ろうばい
ほのかな香りが漂います。。。

装束

(かなり前の写真ですが)

神職がお祭りで着る装束にはいくつかの種類がありまして
細かな決まりはありますが ごく簡単に書いてしまいますと

大祭(例祭・新嘗祭・祈年祭等)では正服(せいふく)と呼ばれ一番正装した姿です。
洋服で言えばモーニング姿といったところでしょうか。

正服の砲(ほう・上着)の色や袴の色・紋入り また冠の紋入り・紋なし 浅沓(あさぐつ)等は
神職の身分・階位によって変わってきます。。。

次に中祭(歳旦祭・紀元祭等)は斎服(さいふく)と呼ばれ 形は正服と同じですが
神職身分・階位に関係なく 砲(ほう・上着)と袴の色が全て白色の装束です。

そして最後に日常的によく使うのが ご祈祷の時や地鎮祭等で着る狩衣(かりぎぬ)です。

身分2級からは裏地を付けても良い・その他決まりはありますが
それ以外の色や地柄・紋の種類等々 狩衣は自由ですので 最終的には神社・個人の要望や好みですね。

他の用事で来られた装束店さんに 狩衣の反物を見せてもらいましたが
赤色で地柄を唐草にして 金糸で社紋を織り込んだ狩衣も 綺麗だろうなと。

薄暗い本殿内では 映える色なんでしょうね。



節分祭


節分祭の3日はご家族様揃ってご参拝される方々が多かったですが

皆々様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。


ご参拝洵に有難うございました。

如月のお朔日



いよいよ厄除大祭(2月18日・19日)が行われる如月となりましたが

本日は午前8時より月次祭をご奉仕致しました。


益々八幡大神様のご加護を戴かれまして 幸多い日々となりますよう

ご祈念申し上げております。


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top