スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

清めの雨

004_convert_20120630152909.jpg



003_convert_20120630134040.jpg
文月の月次祭(つきなみさい・月のはじめのおまつり)を前に
清めの雨になりました。

昨日に掃き掃除をしていて良かったです。
雨のおかげで石畳の砂埃が流れ 御影石が艶やかです。

スポンサーサイト

夏越大祓式

本日10時より大祓式を斎行致します。

大祓式は年に2回あり、知らぬ間に身に付いた罪や穢れを祓い清め
清き明き直き心に立ち帰り新たな気持ちでより良く生活していくためです。

特に夏越大祓式には、茅輪神事と称し、『備後の風土記逸文』の蘇民将来、
巨旦将来兄弟の故事に基づき 茅の輪を作り、左、右、左と
三度潜り抜けることにより病災をまぬがれるという神事です。

大祓式には、人の形に切り抜いた紙(人形、形代)に氏名・年齢を書き
人形を自身を撫で息を掛けこれに罪、穢を移し、身代わりにして神事の後
川に流したり炊き上げたりします。

 「水無月の夏越しの祓するひとは
             千歳の命のぶというなり」

                               『御湯殿上日記』

IMG_20120630_103118_convert_20120630105518.jpg

曇り空


夏椿が一輪花を咲かせました

002_convert_20120627112548.jpg

005_convert_20120627112701.jpg

006_convert_20120627112908.jpg


清々しい



004_convert_20120625152614.jpg

九州地方ではまだまだ大雨の被害が続いているようですが
皆様の地域では如何でしたでしょうか。
被害に遭われました方々に 心よりお見舞い申し上げます。

当社も5月の台風被害に遭った事もあり、今回の台風に備えて出来得る限りの対策で
待ち受けていたのですが、幸い木の葉・枝の散乱程度で済みました。

今日は天気が良かったですので 祈祷殿の1F大掃除と 大階段・石畳の洗い掃除を
1日かけてやってしまいました。

いつも感じますが掃除を終えると清々しい気持ちになります。


001_convert_20120626084427.jpg
アジサイ

繧キ繝」繝ゥ・亥、乗、ソ・雲convert_20120626092444
シャラ(夏椿)

街の中の鳥居



2010_0926_103241-DSC05034_convert_20120624154725.jpg
本日8:00~ 総代さんが拝殿周辺の境内と大階段下の境内
川沿いの境内の草刈りを行って下さいました。

暑い中誠にありがとうございました。


県立考古博物館



県立考古博物館にて
支部神社総代会総会並びに神宮式年遷宮奉賛会支部総会が開催されました。


講演会は『祭祀遺跡 播磨地域の原始・古代のまつり』
    
兵庫県立考古博物館 大平 茂氏

蓮の花


蓮の花が一輪咲きました




数年前に植えていた苔が 少しづつ増えてきました。


本殿裏緑化


(切土法面緑化工事)

5月の台風で被害をうけた本殿の裏山ですが

この度 ワラ草ロールを一面にはりつけて頂きました。

これで切土が緑になり 少し落ち着いてくれる事を願います。



田母神元幕僚長

日本人としての誇り




震災当時と今

『震災当時と今』


石巻


飯館村

震災直後(上写真)と今(下写真)

大船渡


大船渡


釜石


釜石


はまゆり


陸前高田


友の輪



神社検定開催

第一回神社検定を開催 全国で六千百人が受検
(平成24年06月11日付 1面より)

一般財団法人日本文化興隆財団(田中恆清理事長)が主催する神社検定(神道文化検定)
の第一回試験が六月三日、全国の神社や神社庁、國學院・皇學館の両大学など三十八会場で開催され
約六千百人が受検した。

この検定は、若年層から中年層を中心とする神社への参拝が増加傾向にある中、神社・神道に対する
正しい知識の啓発を図り、日本文化への理解を深めてもらふ契機とすることを趣旨とするもの。
神社本庁が監修し、財団法人神道文化会などが協力した。

なお八月中旬には成績表が郵送され、合格者には合格認定特別絵馬も贈られる。

また来年には「弐級試験」再来年には「壱級試験」も行う予定だそうです。




[2月14日のブログ記事]

興味のある方は如何でしょうか?
2012_0214_155520-DSCF2875_convert_20120214160315.jpg

第1回神社検定 (神社本庁監修)

試験日は平成24年6月3日(日)
申し込み受付:平成23年12月20日~平成24年5月10日
受 験 料 :(3級)4,800円
試験会場  :順次webで告知
申し込み方法:webで『神社検定』と検索して頂くか、当社までご連絡下さい


神社検定(神道文化検定)とは

知っていますか? 日本のこころ

神社検定(神道文化検定)は、神社が好きな方
日本をもっと知りたい方のための検定です。

神道は日本文化の源です。正しい知識を身につけて
文化の宝の山である全国八万の神社へ出かければ
日本をもっと知る事ができます。

うんちくを語りたい人も
ガイドに活用したい人も
生涯学習のテーマにしたい人も
これまでアタリマエに知らなかった
日本文化がきっと見えてきます。

神社本庁とは全国約八万社の神社を包括する
組織として昭和21年に設立されました。
以来、今日まで祭祀の振興と神社の興隆
日本の伝統と文化を守り伝える活動をしています。

神社検定は神社本庁の監修のもと
より多くの方々に神道や神社についての正しい知識を
学んでいただく検定です
(パンフレットより)

今日は昼から雨



001_convert_20120613091425_convert_20120613091654.jpg
カシワバアジサイ

IMG_8926_convert_20120603165823.jpg
京かのこ

008_convert_20120608162545.jpg
今日は昼から雨

009_convert_20120608162635.jpg


訃報

「皆で伊勢神宮に」
2012.6.6 23:17
『今年は皆で伊勢神宮にお参りにいきましょう』とおっしゃったほど、元気なご様子だったのに…。

 寛仁親王殿下と親交のある京都市東山区の会社役員、奥谷かをるさん(53)は寛仁さまが会長を務める福祉団体「柏朋(はくほう)会」の会員。長年の交友があり、平成20年に声帯を取る手術をご選択した際は「『声をとるか食道をとるか』と医師に迫られたとき『声を失っても私にはペンがある』と言ったんだ」と奥谷さんに明かされた。

 奥谷さんは「闘病中でも何事にも精力的に取り組んでおられた。あの微笑みをもう拝見できないと思うと悲しい」と言葉を失った。

 長女の彬子さまが美術研究員として勤務する銀閣寺(京都市左京区)の住職で臨済宗相国寺派の有馬頼底管長(79)は、寛仁さまとも親交があった。「高貴な雰囲気の半面、話し始めるとざっくばらんなお方だった」

 冗談も好きで、京都の老舗が自慢の一品を出すイベントに参加された際には、和菓子店の店主に「老舗なんだね。何代目なの?」とご質問。店主が「三十数代目になります」と答えると、「うちは百代以上だよ」と言って周囲を笑わせられたという。

 有馬管長は「66歳での逝去は若すぎるし、本当に惜しい方を亡くした」と唇をかみしめた。

 一方、寛仁さまと30年来の付き合いがあるという公益財団法人「ひょうご子どもと家庭福祉財団」(神戸市)の片岡實理事長(68)は「同じ志を持つ仲間のようだった」と振り返った。

 昭和50年代に片岡さんが障害のある子供たちのため、自立的な生活が送れる施設を作ろうとしたことがご交友のきっかけ。活動に賛同した寛仁さまが応援の手をさしのべられたという。

 昭和56年に「はりま自立の家」(兵庫県宍粟市)がオープンした際は、自らテープカットもされた。印象に残っているのは、音楽を奏でる入居者に「目指すなら一流を目指せ。障害があるからこれくらいで良いと満足するな」と励まされたことだった。

 片岡さんは「障害に甘える気持ちを理解しつつ、優しく諭されていて、その通りだと思った」と話し「儀礼的なことがお嫌いで、ユーモアあふれる方だった。またお会いしたいと思っていたのに、さみしい」と別れを惜しんだ。

 さらに、親交があった日野原重明・聖路加国際病院理事長は6日、講演で訪れていた山口県下関市で「歯切れがよく行動力と決断力のある方だった。特に難病の人たちの援助のため、自分を顧みず人のために尽くそうというところがおありだった。昨日お見舞いにうかがった時には、もう意識はなかった。静かな人生の終焉を迎え、60代であっても自分の人生を全力投球でやりつくされたと思う」と話した。
(産経新聞より)

太陽通過

20120606004_DAT_20120606135449001.jpg

金星が太陽の手前を横切る「金星の太陽面通過」
太陽の表面を黒い点のような金星が移動していく様子が 望遠鏡や肉眼で見れましたね。


黄昏時





すだれ越しの夕日

001_convert_20120603174645.jpg




評議員会


会場の神社に到着した途端 凄まじい雷と大雨が。。。

DSCF3184_convert_20120603130532.jpg
帰る頃には晴天に。

御社殿の造りが当社と非常によく似ています。

木に少し隠れていますが 写真左側から御本殿
(入母屋造りに千鳥破風がついています)
当社は同じく入母屋造りですが 千鳥破風はありません。

次に入母屋造りの幣殿(へいでん)。
ご祈祷を受けられる場合 この建物で参列します。
※拝殿で参列する神社が一般的だと思います。

右側が入母屋造りの割り拝殿(わりはいでん)で唐破風なし。
当社は同じく入母屋造りで唐破風があります。

神社によってそれぞれ違いや特徴があります。

境内の小さなお社(摂社・末社)

神社まめ知識11

神社の境内にある小さな社は摂社(せっしゃ)・末社(まっしゃ)といいます。
摂社、末社も本社に附属する神社ですが、現在では特に両者を区分する規定はなく
本社の管理下にある小規模神社の呼称として用いられています。


現在でも摂社・末社の呼称は、戦前の基準による区分をそのまま用いていることがありますが
特に本社との由緒の深い神社には摂社の呼称が用いられています。
摂社・末社については、本社と同一の境内地で祀られている境内社と、境内地外で祀られている
境外社といった区分もできます。

このほか、伊勢の神宮や京都の石清水(いわしみず)八幡宮などでは、特に本社御祭神と関係の
深い社を別宮(べつぐう)と称しています。

伊勢の神宮においては、内外両御正宮の他に、これに次ぐ尊い社として両宮それぞれに別宮があり
『延喜式神名帳』(えんぎしきじんみょうちょう)に載る式内社が摂社
『延暦儀式帳』(えんりゃくぎしきちょう)に載る社が末社、両書に記されていませんが
神宮との密接な関係により古くから祀られてきた社が所管社と称されています。

「伊勢の神宮」とは、両御正宮のほか、別宮・摂社・末社・所管社を含めた125社の社の総称をいいます。



水無月 月次祭

2012_0301_095521-DSCF2892_convert_20120301100811.jpg
水無月 月次祭(つきなみさい)滞りなく御奉仕させていただきました。

愈々陽射しが厳しくなりまして気温も25度を越す日が続きますが
何卒体調を崩されませぬようご自愛下さい。







| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。