スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

準備委員会




所属していますある会で 全国大会が兵庫県で開催されます。
参加者数600名を予定され 大変な事業になりそうです。

スポンサーサイト

旨辛ラーメン


所用で東加古川駅前に。

行ってみたかった『 櫻 ぐ み 』

旨辛ラーメンにネギ&半熟玉子トッピング

この辛さかなり好きです!

運動会


八幡小学校の運動会


小宮八社祭


本日は境内にあります末社(まっしゃ・小さなお社)の
例祭(れいさい・年に1度の大切な神事)が町内会長さん3名・総代さん15名の
ご参列を戴きまして無事に齋行致しました。

汗ばむ中でのご参列誠にありがとうございました。

祭典後には総代会総会・各委員会を開催し その後に直会でした。

東北六魂祭!

東北六魂祭は、2011年3月11日に発生した東日本大震災により犠牲となられた方々の御霊を慰め、
東北の元気を発信し、復興への狼煙をあげるために開催されるお祭りです。

東北六大祭り
(青森ねぶた祭・秋田竿燈まつり・盛岡さんさ踊り・山形花笠まつり・仙台七夕まつり・福島わらじまつり)が一堂に会するという東北最大規模のお祭りで、
昨年仙台市で行われた第1回目には約36万人の来場者を記録しました。



■ 名称 東北六魂祭2012(とうほくろっこんさい)
■ 開催日時 2012年5月26日(土)10:00~18:00、27日(日)10:00~17:00
■ 開催場所 岩手県盛岡市中央通、盛岡城跡公園(岩手公園)
■ 主催 東北六魂祭実行委員会
■ 特別協力 JR東日本/NEXCO東日本
■ 協力 ベネフィット・ワン
■ 後援 観光庁、復興庁、東北運輸局、東北観光推進機構、岩手県、東北主要メディア(42社)


総会・研修会


(開会前)
終日研修会です

金環日食



eclipse19870923_convert_20120519174507.jpg
場所によればこんなに綺麗に撮影できるのですね。

富士山が写る 金環日食の写真は最高だと思います。

ウツギが満開


バイカウツギ(五月梅・サツキバイ)が満開


白花紫蘭(シラン)

2012_0510_171231-DSCF3175_convert_20120518140109.jpg
クレマチス(マダム・バン・ホーテ)

伊勢の神宮

神社まめ知識10 伊勢の神宮
神宮
(写真お借りしました)

日本全国にたくさんある神社の中で、古来特別な神社として敬われてきたのが伊勢の神宮です。
伊勢の神宮は、正式には神宮とのみ申し上げ、三重県伊勢市とその周辺に鎮座する百二十五のお社の総称です。

その中心は、皇室のご祖先である天照大御神をおまつりする皇大神宮(内宮)と
天照大御神のお食事をつかさどり、衣食住はじめ産業の守り神である豊受大御神を
おまつりする豊受大神宮(外宮)です。

今から2000年以上前の第11代垂仁天皇の御代、天照大御神のお告げにより皇大神宮がまつられ
約500年後の第21代雄略天皇の御代には、豊受大御神が伊勢に迎えられました。

神宮では年間約1500回ものお祭りが行われていますが、神宮の、また日本国中で最高最大の
お祭りは式年遷宮というお祭りです。

式年遷宮は、20年に一度すべてのご社殿をはじめご神宝などを新しく造り替えるお祭りで
そうすることでみずみずしさを保ち、ご神威が高まることを願ってきたのです。

第41代持統天皇の御代に始まったこのお祭りは、平成25年に第62回が執り行われます。


総会・研修会


総会・研修会開式前

2012_0516_110905-DSCF3176_convert_20120516173128.jpg

神社まめ知識9 初穂料

神社まめ知識9 初穂料とは

初穂とは字の通りその年の最初に実った穀物を神社などに
奉るものの称で、稲穂を神前にかけて奉る場合は
懸税(かけぢから)といいます。

お米ばかりでなく、五穀や果物はもとより
野菜や海草・魚介類でも初物はまず神様に
というのがわが国古来の習慣です。

現在では初穂料というのは、神様に捧げる初物の代わりという事で
今日では神に奉る金銭の総称となっています。
故にお札やお守りの料金も初穂料と称されています。




夕日


境内からの西日



神社まめ知識8 お賽銭

神社まめ知識8 お賽銭

賽銭はもとは散銭(さんせん)といい、古くはお金の代わりにお米を用いて
散米または打撒きなどと称していました。

日向風土記には天孫(天皇)が高千穂の峰に降臨された時、雲立ちこめて
進むべき道もわからなかった。
その時に土人の大鉗(おおはし)・小鉗(こはし)の兄弟が
『稲を千穂散じ給うたならば霧がはれましょう』と申し上げたので
その言葉通りになされると、たちまち雲霧は消え失せ道も開けて
無事に行幸(旅)なされる事ができた、ということだそうです。

お米が貨幣の流通と共に金銭にかわり、散銭となり、神社にお参り時に
奉る銭の意味から賽銭と書くようになった今日でも
自分の心の邪悪なものを祓うことと、神に捧げることのふたつの意味があると思います。

つまりお米やお金という貴重品を、代償なしに散ずる事は、私欲があっては出来ない事ですから
人は賽銭を投げることによって心の霧を祓い、またそれと同時にお賽銭を上げることによって
神へのご奉仕、神社の護持を助けていただいているのです。




ツツジ

境内のツツジが満開です




上高地


仕事の都合もありましたので22:00に神社を出発し
上高地行のバス停 駐車場に午前4:15着
バスで大正池まで約30分(始発は午前4:50)




上高地を散策すること6時間。。。綺麗な空気と自然に癒されました。

時々小雨が降る中の散策でしたが
晴天でしたら下のような素晴らしい景色です




ありがたい事に行き帰りに渋滞が全くなかったのは助かりました。

国恩祭2


写真は姫路 的形湊神社境内 6台のみこし

4月14日・15日と5月3日・4日は加古支部・印南支部輪番の国恩祭でした。

3日は残念ながら雨でしたが、今日は晴天に恵まれ盛大なお祭りでした。

モミジの種が飛び


今年はモミジが境内の色々な場所で 芽を出しています

気をつけて世話し 成長してくれるのを見守りたいと思います

皐月の月次祭

5月1日の月次祭をご奉仕させて頂きます

5日には早くも立夏ですね

気温の変化で体調を崩されることなく 日々健康にお過しになられます事を 心よりお祈り申し上げます


4月下旬の利休梅

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。